大学教育におけるラーニング・アナリティクスの導入と研究 Overview and Introduction of Learning Analytics Research in Higher Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>近年の情報通信技術の発展により,大学教育において,e-Learning の導入など,教育の情報化が推進されており,授業内外を問わず,教育・学習活動に関する膨大な量のデータが急速に蓄積されつつある.本稿では,このような教育・学習データの蓄積と分析を目的とした,ラーニング・アナリティクスの研究の概要を紹介する.また,先端事例として,九州大学における教育改善と学習支援を目的としたラーニング・アナリティクス研究について述べる.</p>

<p>With the development of information and communication technologies (ICT), ICT has been used in various situations in education. Thus, enormous amounts of data in educational and learning activities are rapidly accumulating regardless of inside or outside the class. This paper introduces the research on learning analytics for the purpose of accumulation and analysis of education and learning process data. In addition, as an example, this paper describes some researches on Learning Analytics at Kyushu University for educational improvement and learning support.</p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 41(3), 221-231, 2018

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006337697
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    028821305
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ