トピックモデルを用いた授業評価アンケートの自由記述の分析 Analysis of Free Descriptions of Course Evaluation Questionnaires Using Topic Mode

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究では,様々な制約から活用が難しかった授業評価アンケートの自由記述の分析に関し,ある大学で実施された9年分,約6万件のデータに対して,潜在ディリクレ分配モデル(LDA)に基づいたトピックモデルによる分析を行い,170のトピックを抽出した.抽出したトピックに対しては,一定の手順に従ってラベルを付与し,ラベルの妥当性を検証した.その結果,ラベルには十分な妥当性が確認され,トピックモデルによる分類が全体的には人間の感覚に適合したものであることが示された.本研究ではさらに,自由記述を科目群の情報と紐付けて分析を行い,各科目群に存在するトピックの割合や,全体の傾向と比較した各科目群のトピック分布の特徴について,クロス表による情報の可視化を行った.こうした分析手法は今後Institutional Research (IR),Learning Analytics (LA)等での応用が期待される.</p>

<p>This study aimed to analyze nine years' worth of sixty thousand free descriptions of course evaluation questionnaires, which originally appeared to be overly difficult to handle in terms of extracting information that had been administered to a certain University Students using a topic model based on Latent Dirichlet Allocation (LDA). We extracted 170 topics and labeled them based on a series of steps, and then checked the validity. Consequently, an adequate level of validity was observed, revealing a comprehensible classification by topic model that fit the human senses. This study further offered analyses linking information about the group of courses to which each free description belonged, and visualized the ratio of topics in each course group, or features of topic distribution of each course group compared to the entire spectrum using cross tabulation. Such analyses are expected to be applied in the fields of Institutional Research (IR) and Learning Analytics (LA) in future studies.</p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 41(3), 233-244, 2018

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006337700
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    028821332
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ