脚式ロコモーションに内在する制御メカニズムの解明を目指して  [in Japanese] Toward Elucidating the Control Mechanism in Legged Locomotion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 大脇 大 Owaki Dai
    • 東北大学大学院工学研究科ロボティクス専攻 Dept. of Robotics, Graduate School of Engineering, Tohoku University

Abstract

1996年12月に発表された本田技研工業(株)の「P2」は,ロボット研究者のみならず一般の人々にも大きな衝撃を与え,人とともに生活するヒューマノイドロボットの実現という未来が近いことを実感させた.この登場から20年以上が経ち,さまざまなロボットが開発されてきたが,生物のように実世界をきびきびとしなやかに動き回るロボットは著者の知る限りいまだ存在しない.本稿では,生物のように実世界環境下を適応的に移動(ロコモーション)する脚式ロボットの実現を最終目標とし,著者が実施してきた研究について紹介する.

Journal

  • The Brain & Neural Networks

    The Brain & Neural Networks 24(4), 162-171, 2017

    Japanese Neural Network Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006337710
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-766X
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top