08測−09−口−18 サッカーにおけるゴールキーパーのシュートストップ失敗確率を予測する回帰式の妥当性

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p> 本研究は、2010FIFAワールドカップ(以下W杯)のデータを用い平嶋ほか(2014)によって作成されたシュートストップ失敗確率を予測する回帰式の妥当性を、2014W杯のデータにて検証することを目的とした。標本は、2014W杯全64試合における、被枠内シュート計587本(シュートストップ成功426本、シュートストップ失敗161本)であった。2014W杯のデータで回帰式を使用し、cut off値0.5に設定した分割表を作成したところ、その的中率(85.9%)は高く、回帰式の妥当性が示された。</p>

収録刊行物

  • 日本体育学会大会予稿集

    日本体育学会大会予稿集 68(0), 189_3-189_3, 2017

    一般社団法人 日本体育学会

各種コード

ページトップへ