06経−09−口−06 地域スポーツクラブにおけるミッションマネジメントに関する研究:クラブの成長との関係に着目して  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p> 近年、解散・統廃合する総合型地域スポーツクラブ(以下、「クラブ」とする)が増加するなど、クラブが地域社会に定着し、持続的に成長し続けるには諸種の困難が伴う。非営利組織の経営では、ミッションを組織内外へ広く周知することにより、協働体制の構築や周囲からの信頼を得ることが、組織の成長にとって重要とされ、柴田・清水(2017)は、ミッションの有無とクラブの成長性との間に有意な関連があることを明らかにした。しかし、ミッションの有無とクラブの成長の間には、クラブによるミッションのマネジメントと組織内外へのミッションの浸透が媒介していると考えられる。そこで本研究では、ミッションマネジメント概念について検討を行った上で、ミッションマネジメント及びミッションの浸透とクラブの成長との関係を明らかにすること目的とした。全国のクラブ(n=739)を対象とした質問紙調査の結果、ミッションマネジメントの3因子構造が明らかになり、ミッションマネジメント及び、個人へのミッションの浸透とクラブの成長に有意な関連が認められた。これらの結果から、クラブの成長に寄与するマネジメント手法としてミッションマネジメントの有効性が示唆された。</p>

Journal

  • Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 68(0), 161_3-161_3, 2017

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences

Codes

Page Top