テアフラビンが口腔上皮細胞のケモカイン産生に与える影響の解析 Effects of Theaflavin on Chemokine Production in TNF-α-stimulated Oral Epithelial Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 細川 義隆 Yoshitaka HOSOKAWA
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部 歯科保存学分野 Department of Conservative Dentistry, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 細川 育子 Ikuko HOSOKAWA
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部 歯科保存学分野 Department of Conservative Dentistry, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 尾崎 和美 Kazumi OZAKI
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔保健支援学分野 Department of Oral Health Care Promotion, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 松尾 敬志 Takashi MATSUO
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部 歯科保存学分野 Department of Conservative Dentistry, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences

抄録

<p> 目的 : テアフラビンは紅茶に含まれる渋味成分の一つであり, ポリフェノールに分類される色素成分である. テアフラビンは, 抗酸化作用・抗炎症作用などさまざまな生理活性作用が報告されているが, 口腔上皮細胞に対する作用に関しては不明な点が多く, 十分に明らかにされていない. 本研究では口腔上皮細胞に対するテアフラビンの抗炎症作用について調べることを目的とし, 炎症性サイトカインの一つであるインターロイキン (IL)-27が誘導するケモカイン産生に与えるテアフラビンの影響を明らかとするため検討を行った. 本研究では, Th1細胞浸潤に関与するケモカインであるCXC chemokine ligand (CXCL) 9, CXCL10およびCXCL11産生に着目した.</p><p> 材料と方法 : 口腔上皮細胞としてTR146細胞を用いた. TR146細胞のケモカイン産生は市販のELISAキットを用いて, テアフラビンにて1時間前処理後にIL-27で24時間刺激を行い, 上清中のCXCL9, CXCL10およびCXCL11産生を測定して検討した. また, IL-27が活性化するシグナル伝達経路に与えるテアフラビンの影響についてWestern blot法を用いて検討した. シグナル伝達経路としては, IL-27が活性化することが知られているprotein kinase B (Akt), extracellular signal-regulated kinase (ERK), signal transduction and activator of transcription (STAT) 1およびSTAT3に着目した.</p><p> 結果 : テアフラビンの前処理によりIL-27で誘導されたTR146細胞のCXCL9, CXCL10およびCXCL11産生は, 濃度依存的に抑制された. また, IL-27が誘導したAkt, ERK, STAT1およびSTAT3のリン酸化は, テアフラビン処理により抑制された.</p><p> 結論 : テアフラビンは口腔上皮細胞においてIL-27誘導ケモカイン産生を抑制することにより, 歯周炎組織の炎症を軽減できる可能性が示唆された.</p>

<p> Purpose: Theaflavin, a polyphenol substance extracted from black tea, has several beneficial effects such as anti-cancer, anti-inflammatory, and anti-oxidant effects. However, the effect of theaflavin on the progression of periodontal disease is still unknown. The aim of this study was to examine the effect of theaflavin on chemokine production in IL-27-stimulated human oral epithelial cells. We focused on CXCR3 ligands, CXCL9, CXCL10, and CXCL11 production in TR146.</p><p> Methods: Human oral epithelial cells, TR146 cells, were used in this study. We measured chemokine production in TR146 cells by ELISA. We used Western blot analysis to detect the phosphorylation levels of signal transduction molecules in TR146 cells.</p><p> Results: Theaflavin-3,3'-digallate (TFDG) decreased CXCL9, CXCL10, and CXCL11 production in IL-27-stimulated TR146 cells. Western blot analysis showed TFDG inhibited Akt, ERK, STAT1, and STAT3 phosphorylation in IL-27-treated TR146 cells.</p><p> Conclusion: TFDG suppressed chemokine production in IL-27-stimulated TR146 cells. These data suggest that theaflavin might have a beneficial effect against periodontitis.</p>

収録刊行物

  • 日本歯科保存学雑誌

    日本歯科保存学雑誌 61(1), 10-16, 2018

    特定非営利活動法人 日本歯科保存学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006406446
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-2343
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ