教員養成大学における情報モラル教育の講義の実践と評価:ワークシートと学年の違いによる授業設計への自信の変化に着目して  [in Japanese] Evaluating Lectures Concerning Information Ethics in Teachers College: Learner's Confidence toward Creating Lesson Plans:Perspectives from Improving Learner's Confidence toward Designing Lessons by Worksheet and Grade  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>教員養成大学の学部1・2年生を対象に,情報モラル教育の基礎知識を学び,現職教員による模範授業映像を視聴した上で,情報モラル教育の授業設計を学習させるための講義を開発し実施した.講義の事前事後に情報モラル指導の自信を測定する質問紙調査を行った.その結果,全質問項目の得点の上昇が見られた(研究1).自由記述では,スモールステップで指導案を作成するワークシート(以下WS)の効果が期待された.そこで研究2は,足場かけの有無によるWSを2種類用意することにより,効果を調べたところ,1年生には足場かけ無しWS が,2年生に は足場かけありWS が効果的であった.</p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 41(Suppl.), 041-044, 2018

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006407768
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    028861849
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top