小・中学生におけるネットいじめの芽の経験,深刻度の認識,対処の自信と対処行動についての調査  [in Japanese] An Incident Antecedent to Cyberbullying Trouble, Its Perceived Severity, Confidence to Deal, and Coping Behaviors Among Elementary and Junior High School Students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究は,小・中学生の「ネットいじめの芽」の経験,そうした状況における深刻度の認識,対処の自信・対処行動について調査した.調査対象者は小・中学生419名,調査時期は2015年2月である.結果は,ネットいじめの芽の状況に関して男子よりも女子の方が多く経験を報告した.対処の自信において性差と学校間に有意な差は見られなかった.深刻度の認識では,小学生の方が問題の深刻さを認識していた.また,小学生の方が概ね積極的な対処行動を回答する一方で中学生は回避的な対処行動を選択してした.これらの結果から,予防においては,いじめの問題の深刻度の共有とともに,問題解決へのより適切な対処行動が取れるよう,発達段階に応じた予防対策の必要性が示唆された.</p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 41(Suppl.), 189-192, 2018

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006407874
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    028863982
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top