ナンキンハゼ (<I>Triadica sebifera</I> (L.) Small) の時空間的な分布変化と防除シナリオごとの分布確率の推定 Estimate spatial-temporal distribution change and distribution probability of <I>Triadica sebifera</I> (L.) Small

この論文にアクセスする

著者

抄録

宝が池公園の森林では,既にナンキンハゼが侵入し,伐採活動が始まっているが,防除活動は計画的に進める必要があるためナンキンハゼの現況を調査した。森林内だけではなく周辺街区も含めナンキンハゼの分布と結実を調査し,森林で 2,771個体うち結実1個体,周辺街区で66個体うち結実41個体のナンキンハゼを確認した。種子生産の可能性が高い個体の密度から,防除する優先度が高い場所を抽出することができた。ナンキンハゼの分布確率を最も高めるのは結実個体からの距離であり,谷でギャップが形成されている場所が侵入適地だと考えられた。シナリオ分析により,伐採すると森林内の分布確率を下げられる個体を特定することができた。

<I>Triadica sebifera</I> has already invaded the Forest of Takaragaike Park and logging activities have started, but it is necessary to promote the control activities systematically. We investigated the distribution of <I>T. sebifera</I> in the forest and surrounding area. We suggested areas with high priority to control based on the density of individuals with high possibility of seed production. The distance from fruiting individuals maximizes the distribution probability of <I>T. sebifera</I>, and the tree gaps in the valley were considered suitable for invasion. Using scenario analysis, we identified trees that can be cut down to lower the distribution probability in the forest.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 43(1), 27-32, 2017

    日本緑化工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006507503
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-7439
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ