イギリスにおける選挙制度改革の政治 The Politics of Electoral Reform in the UK

この論文にアクセスする

抄録

選挙制度を独立変数として,政党システムや政党内組織への帰結を問題にするこれまでの選挙制度の研究に対して,近年,選挙制度を従属変数と位置づけ,選挙制度の成立や改革に焦点をあてる研究が進展している。本稿では,「選挙制度改革の政治」の事例研究として,ブレア政権による選挙制度改革とキャメロン政権下で実施された2011年国民投票を取り上げる。1990年代以降,労働党に有利な「党派的バイアス」が作用していたことを踏まえると,選挙制度改革に関するシューガート・モデルは適用しにくい。両者とも政党内政治と政党間政治の妥協の産物であることを明らかにする。地方分権化に伴いサブナショナルなレベルで多様な選挙制度が導入されている一方,ナショナルなレベルでは小選挙区制への支持が依然として根強い。ブレア政権以降のイギリスの民主政は,「二元的憲法体制」としての特徴を強めつつあることを指摘する。

There are increasing studies on electoral reform which view electoral systems as dependent variable. These studies shift attention from the political consequences of electoral change toward the determinants of electoral reform. The paper analyses the electoral reform under the Blair government and the AV referendum of May 2011. The partisan bias worked in favor of the Labour Party since 1990s. Therefore, the rational choice approach fits uneasily with the action of the Blair government which weakened the traditional single-member district plurality system. The electoral reform since 1994 under the New Labor was the product of intra-party as well as inter-party politics. The AV referendum was also the product of inter-party bargaining in the context of the hung parliament. While different electoral systems such as MMP, SV and STV are adopted at sub-national level, there is still deep rooted support to the current plurality system at the Westminster parliament.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 31(1), 5-18, 2015

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006528644
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0912-3512
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ