『中論頌』第18 章第2 偈とそれに対する『プラサンナパダー』の注釈 <i>Mūlamadhyamakakārikā</i>, Chapter 18, Verse 2 and the <i>Prasannapadā</i>'s Commentary Thereon

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>チャンドラキールティ(Candrakīrti)作『プラサンナパダー』(<i>Prasannapadā</i>, PsP)は,今日唯一完本の形でサンスクリット原典の参照が可能なナーガールジュナ作『中論頌』(<i>Mūlamadhyamakakārikā</i>, MMK)に対する注釈である.MMK の偈頌のみのサンスクリットテキストの存在は,近年まで知られておらず,La Vallée Poussin(LVP)によるPsP 校訂テキストに引用されるMMK が,MMK のテキストとして使用されていた.しかし,近年,葉少勇によってMMK の写本が同定され,同校訂テキストが出版された.一方,PsP に関しては,今日でも多くの研究者の間でLVP 校訂本が用いられているが,近年では,LVPのテキストを見直す研究の存在が知られるようになっている.筆者もその1 人であり,第18 章の校訂テキストを作成し‍た.</p><p>先行研究で指摘されている通り,偈頌のみのテキストにおけるMMK 18.2 とPsP に引用されるMMK 18.2では,「我所」に相当する語について,前者では "ātmanīya" と,後者では "ātmanīna" とテキストが異なることが報告されている.また,同じく,先行研究では,当該偈を注釈するPsP についての言及もなされているが,依然として考察の余地があるように思われる.本稿では,筆者がPsP第18章の校訂テキスト作成過程で明らかとなったMMK 18.2とそれに対するPsPの注釈について考察する.</p>

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 65(3), 1198-1204, 2017

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006539227
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    028065919
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top