『律経』と『根本説一切有部律』 The <i>Vinayasūtra</i> and the <i>Mūlasarvāstivāda-Vinaya</i>

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>『根本説一切有部律』は,「律(経)分別」(Vinaya-vibhaṅga),「律事」(Vinaya-vastu),「律雑事」(Vinaya-kṣudraka),「ウッタラグランタ」(Uttaragrantha)という4部構成であることが知られている.本稿は,徳光(Guṇaprabha)著とされる『律経』(Vinayasūtra)に対する『律経自註』(Vinayasūtravṛtty-abhidhāna-svavyā­khyāna)において,『根本説一切有部律』の構成について言及している箇所,すなわち,第1章「出家事」第98経の註釈を取り上げ,「律事」ならびに「ウッタラグランタ」の構成についての記述を紹介するものである.なお,当該箇所は『律経』「出家事」研究会によってテキストならびに和訳が出版されているが,近年の研究成果における指摘にしたがい,本稿では一部訂正を施している. </p>

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 65(3), 1171-1178, 2017

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006539231
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    028066030
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top