震災後の住民意識における復興と格差:――大船渡市民のパネル調査から――  [in Japanese] Inequalities in the Reconstruction Process and the Sense of Recovery of Residents:An Analysis of Panel Survey Data in Ofunato City  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

<p> 東日本大震災の被災地である岩手県大船渡市の住民を対象に郵送で実施した,2011年12月と2013年12月のパネル調査データ(有効回答439人)を分析した.地震・津波による被害については,住まいの被害は収入や職業と関連がない一方で,仕事という点ではもともと収入が低い層ほど継続が困難な状況にあったことを確認した.次に,2013年12月時点で自宅を再建できているのは震災前の世帯収入がかなり高い層であること,震災前からの世帯収入の変化には業種・職業による大きな違いがみられることを示した.最後に,意識の点では不安感と生活復興感を取りあげ,2年間に不安感は低下したが生活復興感は変化していないこと,居住形態の効果もあるが,性別や世帯収入の効果が強くなってきたことが明らかになった.また,復興感では,2013年の復興感に対する震災前の世帯収入の効果があった.</p><p> これらの結果から,震災による住まいへの被害は格差との関連は小さかったが,その後,仕事の継続や住まいの再建といった復興過程に経済的要因による格差が存在したといえる.さらに,震災前の収入が震災2年9カ月後の時点での生活復興感に結びつていることから,震災前の格差が復興過程の格差に,さらに復興における意識の格差にもつながっていると考えられる.</p>

<p>This paper explores inequalities in the reconstruction process and the sense of recovery of residents after the Great East Japan Earthquake. To this end, we conducted a panel survey in Ofunato, Japan, in 2011 and 2013.</p><p>Our results are as follows: 1) The correlation between the damage to housing due to the tsunami and occupation or income is very weak; 2) it was difficult for people with a small household income to continue working; 3) people with a large household income completed the reconstruction process in a short time; 4) household income has significant effects on anxiety and the sense of recovery; and 5) these effects have become stronger. Therefore, we conclude that inequality before earthquake leads to inequality in the reconstruction process, and in the sense of recovery of residents.</p>

Journal

  • The Annual Reports of the Tohoku Sociological Society

    The Annual Reports of the Tohoku Sociological Society 44(0), 5-16, 2015

    The Tohoku Sociological Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006575863
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0287-3133
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top