<i>p62: Nrf2</i>遺伝子二重欠損(DKO)マウスのNASH病態の性差と女性ホルモンの関わり  [in Japanese] Gender difference and effect of female sex hormone on nonalcoholic steatohepatitis of <i>p62: Nrf2</i> double knockout (DKO) mice  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

【目的】女性は閉経後にNASHの罹患率が増加する。これには女性ホルモンの分泌低下が関与するとされる。我々の作成したDKOマウス(特許6020791号)は、過食肥満とインスリン抵抗性を呈し、脂肪沈着,炎症,線維化を伴う肝病変を形成し、ヒトNASHに類似した表現型を呈する。その機序として、腸管透過性の亢進や、腸内細菌叢の変化によるLPS産生の増加が挙げられる。今回は、DKOマウスにおけるNASHの表現型に関する性差を検討し、さらに女性ホルモンの効果について検討した。<br>【方法】DKOマウスの8、30、50週齢にて、体重、体組成、摂餌量、肝病理組織、肝炎症性サイトカイン、腸管透過性、血液生化学項目、血液・糞便中LPS量を測定した。<br>【成績】<u>過食肥満</u>:体重、摂餌量はDKO♂マウスは若齢時から徐々に増加するのに対し、♀マウスは若齢時では野生型と同程度であり、30週齢以降に急激に増加した。<u>肝病態</u>:肝病理組織所見より、8週齢ではDKO♂、♀ともに正常な組織像であった。30週齢のDKO♂マウスでは脂肪沈着、線維化が生じていたのに対し、♀マウスでは脂肪沈着は♂と比較し軽度であり、線維化は認められなかった。50週齢では♀においても大滴性の脂肪沈着を認めたが、炎症・線維化は♂と比較し軽度であった。血清生化学項目からも、DKO♂では30週齢でAST、ALPが高値であり、肝細胞障害の悪化が示唆された。<u>腸管透過性・LPS</u>:8週齢にてDKO♂、♀ともに透過性は亢進していた。DKO♀の血清・糞便中LPS量もDKO♂と同程度まで増加していた。<u>肝炎症性サイトカイン</u>: TNFα、IL-1βのmRNA発現量はDKO♂は8週齢で野生型と比べ有意に増加していた。一方、DKO♀は8週齢では野生型と同程度であり、30週齢以降に増加を認めた。<br>【結論】DKO♀マウスにおけるNASH肝病変は♂マウスと比較し軽度であった。この背景として、女性ホルモンが過食やLPSによる肝炎症応答を抑制していることが考えられる。

Journal

  • Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 44.1(0), O-56, 2017

    The Japanese Society of Toxicology

Codes

Page Top