金融教育は有効なのか?:-日本の大学生を対象とした一考察-  [in Japanese] Does Financial Education Work?:Some Evidence from College Students in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

金融教育は、金融知識を改善し、望ましいと考えられる金融行動を選択する効果があると信じられているが、その効果を実証的に検証した研究はほとんどない。そこで、本研究は、日本の大学生を対象とした調査を実施し、インフレーション・割引現在価値・複利・分散投資に関する金融教育のビデオを見せた際に、実際にそれらの金融知識が定着しているかどうか、金融教育の効果を明らかにしようと試みている。その結果、先行が示しているように、女性の金融知識が一貫して有意に低いことが確認できた。また、金融教育の効果は、大学毎に異なることも分かった。興味深いことに、金融に関心がないと回答していた大学生の金融知識が、有意に改善していることが明らかになった。この結果は、学校での教育に金融教育を導入することの有効性を示していると考えられる。

It is widely believed that financial education programs improve financial literacy and change financial activities, but there is little evidence regarding effectiveness of financial education programs. We examine the impact of a short financial education program on undergraduate students in Japan by using questionnaire and video. Our findings indicate that the education program such as inflation, present discounted value, compound interest and diversified investment increase financial knowledge. We find that women tend to have lower financial knowledge and this result is consistent with previous studies. We also find that effectiveness of financial education programs differs among universities. Interestingly, we find that financial education programs is significantly effective for college students who are not concerned with finance. The results suggest that the introduction of financial education at school will be effective.

Journal

  • Journal of Household Economics

    Journal of Household Economics 46(0), 11-24, 2017

    The Japan Society of Household Economics

Codes

Page Top