日本のカップルの年齢と第1子を授かるまでの受胎待ち時間  [in Japanese] Age and Time to Pregnancy for the First Child among Couples in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>現代の集団を対象とした先行研究において,受胎確率(受胎する月毎の確率)は20歳代から30歳代前半までの女性で最も高く,年齢を重ねるごとに低下することが報告されている。他の先進諸国と同様に日本においても,結婚年齢および出産年齢の上昇が受胎確率の低下をもたらすことによる不妊の増加が懸念されているものの,関連する学術的な報告は少ない。また受胎確率に影響する年齢以外の要因も日本の低出生力に寄与している可能性もある。本研究は日本における受胎確率の年齢パタンを明らかにすることを目的として,受胎待ち時間を用いて年齢別の受胎確率を推定した。日本全国に居住する20-44歳の女性6,752人を対象として,第1子あるいは現在の妊娠に至った受胎待ち時間(time to pregnancy, TTP; 避妊をやめてから受胎するまでの月数)および基礎的な人口学的属性に関する情報を質問票によって収集した。解析に用いたサンプルは,過去60ヶ月以内に妊娠を希望して避妊をやめた女性1,324人である。内訳は,経産婦816人(グループA),現在妊娠中の未産婦173人(グループB),現在妊娠する可能性のある未産婦335人(グループC)である。TTPの値(グループAとBは打ち切りなし,グループCは打ち切り)を用いて,コックス比例ハザード回帰モデルによってカップルの年齢別の受胎確率比(fecundability ratio, FR)および95%信頼区間(confidence interval, CI)を推定した。また避妊をやめてから3, 6, 12, 24ヶ月後の累積受胎確率も推定した。24-26歳の女性(FR: 1.00)と比較して,27歳以上の女性は有意に低いFRを示した。30-32歳女性では0.68(95%CI: 0.56, 0.82),36-38歳女性では0.41(95% CI: 0.31, 0.53)であった。男性の年齢が高いことも低いFRと関連していた。避妊をやめてから12ヶ月後の累積妊娠確率は24-26歳の女性で最も高く80%(95%CI: 75%, 84%)であり,年齢が上がるとともに低下し,30-32歳では66%(95%CI: 61%, 71%),36-38歳では48%(95%CI: 39%, 55%)であった。第1子の妊娠を希望して避妊をやめた経験をもつ本研究の対象集団において,受胎確率は24-26歳で最も高く,より年齢の高い女性で受胎確率が低かった。男性の年齢が高いことも低い受胎確率と関連していた。受胎確率に対する年齢の影響は,未産婦と比較して経産婦で弱く,また未産婦は経産婦と比較して年齢がより高く不妊治療の経験者が多い傾向があった。よって年齢の影響以外にも、まだ明らかになっていない要因が日本の低出生力に寄与していると推測される。</p>

<p>Previous studies have reported the highest fecundability (monthly probability of conception) in women aged 20 to their early 30s, and declining fecundability with age. To better understand the age pattern of fecundability in Japanese couples we use time to pregnancy (TTP) to estimate conception probabilities by age. A total of 6,752 women aged 20-44 years residing across Japan completed a questionnaire on TTP, number of months between discontinuing contraception and conception for the first child. The analytic sample was n=1,324 women who had discontinued contraception within 60 months before the survey to conceive their first child. Cox proportional hazard regression model was used to estimate fecundability ratios (FR) and 95% confidence intervals (CI) by couple's age. Compared with women aged 24-26 years, women aged 27 or older showed a significantly lower FR. Advanced age of men was also associated with decreased FR. Cumulative probability of conception at 12 months after discontinuing contraception was highest for women aged 24-26 years, i.e. 80% (95% CI: 75%, 84%), and it was lower for higher ages, e.g. 66% (95% CI: 61%, 71%) at ages 30-32 and 48% (95%CI: 39%, 55%) at ages 36-38. Age effects on fecundability were less pronounced for parous compared to nulliparous women, and nulliparous women tended to be older and more likely to seek fertility assistance. Thus it is not just age effects but other, as yet unclear, factors are also likely to be contributing to low fertility in Japan.</p>

Journal

  • The Journal of Population Studies

    The Journal of Population Studies, 2018

    Population Association of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006602549
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-8311
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top