日々の母娘関係のP技法による因子分析的研究:― 3組の中学生の母娘関係の因子構造の比較 ―  [in Japanese] A Study on Factor Analysis of Day-to-Day Relations between Mother and Daughter Using P-technique:– A Comparison of Factor Structures among Three Pairs of Mother and Daughter in Junior High School–  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究においては,中学1年生の女子とその母親を対象に,日々の母娘関係について調査を行い,日々の母娘関係の変化から,それぞれの母娘関係に潜在する因子をP技法因子分析により検討した。その結果,日々の母娘関係の構造は,母と娘それぞれにおいて3~4因子の因子で構成されている結果となった。また,これらの因子には,3組の母と娘に共通する因子とそうでない個別の因子があり,共通する因子として「母娘の親和的コミュニケーション」に関する因子と「娘の自己主張」に関する因子が存在していることを考察した。

Journal

  • TAISEI GAKUIN UNIVERSITY BULLETIN

    TAISEI GAKUIN UNIVERSITY BULLETIN 20(0), 53-61, 2018

    TAISEI GAKUIN UNIVERSITY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006606832
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11955645
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-0966
  • NDL Article ID
    028905328
  • NDL Call No.
    Z71-C794
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top