保存期慢性腎臓病における沈降炭酸カルシウムと胃酸分泌抑制薬の相互作用を事例とした薬剤師の情報提供と医師の処方意識の変化 Pharmacists' recommendations on the drug-drug interaction between precipitated calcium carbonate and gastric secretion inhibitors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>高リン血症は血管石灰化や生命予後に関連した病態であり、保存期慢性腎臓病(CKD)から血清リン値の管理が重要である。一方、保存期CKDに使用可能なリン吸着薬である沈降炭酸カルシウム(炭酸Ca)は胃酸分泌抑制薬の併用による効果減弱と、カルシウム含有による血管石灰化が懸念される。そこで当院薬剤部は内科医師に対し、これらの情報提供を行い、処方状況の変化に関する調査と、薬剤師による情報提供が医師の処方意識にどのような影響を与えたかについてのアンケート調査を行なった。対象は2014年1月の時点でリン吸着薬の処方を受けている保存期CKD患者のうち、1)炭酸Caと胃酸分泌抑制薬を併用している、2)血清リン値>4.5 mg/dL、を満たす患者の主治医とした。リン吸着薬の処方を受けている保存期CKD患者16名全てが炭酸Caを服用しており、12名が胃酸分泌抑制薬を併用していた。併用患者のうち血清リン値>4.5 mg/dLである患者は7名であった。情報提供により7名中5名においてリン吸着薬の変更や胃酸分泌抑制薬の中止がなされた。処方変更された5名中2名は血清リン値が低下し、2名は上昇し、1名は血液検査実施前に透析導入となった。情報提供対象患者以外においても処方の見直しがなされ、両薬剤の併用率は75%から21%と有意に減少した。アンケート調査の結果、薬物相互作用について6名中4名の医師が「知らなかった」と回答、意識変化では6名全員が「変化あった」と回答した。「今後は血管石灰化の危険性を回避するため可能な限りカルシウム非含有リン吸着薬を使用する」などの意見も得られた。これらのことから、薬剤師による積極的な情報提供は医師の処方意識に影響を与え、処方を見直すきっかけになることが示唆された。今後は他の薬物相互作用についても介入を検討し、有効性と安全性の高い薬物療法の提供により医療の質の向上に寄与していきたい。</p>

<p>Hyperphosphatemia is associated with vascular calcification and prognosis. Therefore, controlling serum phosphate concentrations at the early predialysis chronic kidney disease (CKD) stages is important. Precipitated calcium carbonate is mainly used to control serum phosphate concentrations of individuals with CKD, especially in Japan; however, it interacts with gastric secretion inhibitors and may affect vascular calcification. Necessarily, this has to be considered before prescribing, but is not pervading clinically. In this study, pharmacists in our hospital provided information about the drug-drug interaction and its vascular risk to physicians treating individuals with predialysis CKD meeting the following criteria in January 2014: 1) serum phosphate concentration >4.5 mg/dL, 2) using precipitated calcium carbonate and a gastric secretion inhibitor. Seven individuals met these criteria, which the pharmacists reported to the attending physicians; all prescription pattern changes were recorded. The prescription of 5 out of 7 individuals was changed; the precipitated calcium carbonate and/or gastric secretion inhibitor was discontinued. Providing this information also decreased the combination prescription rate in the entire hospital from 75% to 21%. We also surveyed physicians on the clinical benefits of information provision by pharmacists. Four out of 6 physicians answered that they were not aware of this specific drug-drug interaction. All physicians answered that the information provided affected the prescription policy for individuals with predialysis CKD.Our results indicate that pharmacists' recommendations affect prescription patterns, and that physician-pharmacist collaborations may contribute to improving the efficacy and safety of pharmacotherapy in various therapeutic areas.</p>

収録刊行物

  • 日本腎臓病薬物療法学会誌

    日本腎臓病薬物療法学会誌 4(3), 31-38, 2015

    一般社団法人 日本腎臓病薬物療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006618397
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12646668
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2187-0411
  • NDL 記事登録ID
    027572068
  • NDL 請求記号
    Z74-H412
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ