聖地ウルルをめぐる場所のポリティクスとアウトバックツーリズム  [in Japanese] Politics of the Sacred Place "Uluru" and Outback Tourism, Australia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,現代における聖地ウルルの観光動態および聖地をめぐる場所のポリティクスを,先住民文化としての聖地の管理・保全と資源化の視点 から検討した。ウルルにおけるツーリズムの動態について略述したうえで,聖地をめぐる管理とツーリストの動き,先住民の宗教的世界と土地所有をめぐる概念について検討し,最後に聖地をめぐる場所のポリティクスの視点から考察した。ウルルは先住民(アナング族)の人びとにとって,神話的な意味世界の中心として重要な意味を持つと同時に,観光資源としての高い価値を有している。したがってウルル登山は,聖地とツーリズムの間の緊張関係をもたらす。両者の相剋はステークホルダー(先住民,政府,ツーリストなど)間だけでなく,内部においても多様であり,ウルル登山の制限をめぐる場所のポリティクスは,「先住民文化の真正性」と「政府の努力」と「ツーリストの満足感」を担保する装置として機能していることが考えられる。

Journal

  • Geospace space

    Geospace space 8(1), 131-142, 2015

    Japan Association on Geographical Space

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006627593
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12471203
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-9872
  • NDL Article ID
    026569513
  • NDL Call No.
    Z71-Y351
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top