キャンベラにおける華人社会の空間構造  [in Japanese] Spatial Structure of Chinese Communities in Canberra, ACT  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年オーストラリアにおいて中国系移民(華人)が急速に増加している。首都キャンベラでは,とくにその割合は高く,2006年から2011年の5年間でほぼ倍増した。キャンベラで華人人口が増加し始めたのは,天安門事件発生後の1990年以降で,2014年現在,17の華人団体が形成されている。キャンベラの華人社会の特徴は,出身地や目的等を異にするこれらの団体が,一つの組織を形成し,相互に協力し連携し合いながら,キャンベラの華人社会全体をまとめていることである。またキャンベラが政治・行政機能に特化した首都であるという地域性を反映し,華人社会においても公務員と学生が圧倒的に多い。そのため華人社会の空間構造は,他都市のように出身地ごとの居住分化はみられず,来豪年および収入によって,華人社会の空間構造が分化していることが明らかとなった。

Journal

  • Geospace space

    Geospace space 8(1), 103-115, 2015

    Japan Association on Geographical Space

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006627598
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12471203
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-9872
  • NDL Article ID
    026569437
  • NDL Call No.
    Z71-Y351
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top