植物のヒストン修飾ライブイメージング  [in Japanese] Live imaging of histone modification in plant cells  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 栗田 和貴 Kurita Kazuki
    • 東京理科大学大学院理工学研究科 応用生物科学専攻 Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 坂本 卓也 Sakamoto Takuya
    • 東京理科大学大学院理工学研究科 応用生物科学専攻 Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 松永 幸大 Matsunaga Sachihiro
    • 東京理科大学大学院理工学研究科 応用生物科学専攻 Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science

Abstract

<p>ヒストン修飾が変化することで,ゲノムワイドに遺伝子の発現が制御される.このヒストン修飾変化は,クロマチン免疫沈降(ChIP)や抗修飾ヒストンモノクローナル抗体による免疫染色によって解析されてきた.ヒストン修飾の変化をリアルタイムで解析できれば,経時的なダイナミクスを捉えることができる.我々は,ヒストン修飾を認識する蛍光プローブを用いたライブセルイメージングによって,ヒストン修飾を生きた植物細胞で可視化する技術を確立した.特定のヒストンアセチル化を認識する抗体をもとに作成した蛍光プローブmintbody(<u>m</u>odification specific <u>int</u>racellular anti<u>body</u>) を植物培養細胞に遺伝子導入した.その結果,細胞内の蛍光プローブはヒストン修飾を認識し,ヒストン修飾のレベルに応じて核の内外を移行することが明らかとなった.このヒストン修飾ライブイメージング技術によって,植物細胞内のヒストン修飾をリアルタイムで捉えることが可能になった.</p>

<p>Histone modification regulates genome-wide gene expression. The conventional methods including chromatin immunoprecipitation and immunofluorescence microscopy require protein extraction and cell fixation. We established a live imaging method to analyze the histone modification levels in living plant cells. We used the fluorescent protein fused mintbody (<u>m</u>odification specific <u>int</u>racellular anti<u>body</u>), which is a probe prepared based on an antibody against an acetylated amino acid of a histone. The mintbody in plant cells migrated inside and outside the nucleus and accumulated in the nucleus in proportion to the histone acetylation level.</p>

Journal

  • PLANT MORPHOLOGY

    PLANT MORPHOLOGY 29(1), 3-7, 2017

    The Japanese Society of Plant Morphology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006647123
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0918-9726
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top