免許更新講習(選択)における 授業観察の気づきを活かした協働授業研究の研修方法の開発  [in Japanese] On the training program development of cooperative teaching study with awareness applied to classroom observation in the course (elective) for teacher's license renewal  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

免許更新講習(選択領域)の一つとして、授業設計・実施等の日常的基幹業務とそれを駆動・改善する授業観察・研究等の研究・研修業務を再考し、受講者自身の授業について新たな課題を見つける真正 authenticity な学習を検討し、校内研究・研修で適用可能な小集団協働検討の授業研究の方法〔①ビデオ授業観察・視聴記録作成、②気づき・付箋紙記入、③付箋紙整理・統合・見出し、④発表・全体検討、⑤まとめ・報告書作成〕を学び、それに基づき小学校算数授業のビデオ観察・視聴記録作成における観察者の気づきを活かして授業研究を進め、授業の特徴を抽出し、授業改善の指針、自らの授業の省察等を行い報告書にまとめるプログラムを開発した。試行の結果、Positive(真似たい)気づき(具体化、個別化、子ども・討議、まとめ)、Negative(要改善)気づき(課題・導入、展開、教授スキル)のそれぞれを受講者自ら整理・抽出し今後の自らの授業への指針を得ていた。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 26(3), 41-46, 2011

    Japan Society for Science Education

Codes

Page Top