インドの華人社会とチャイナタウン:コルカタを中心に  [in Japanese] The Ethnic Chinese and Chinatowns in India:Focusing on the Case of Kolkata  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,インドの華人社会の地域的特色について考察するとともに,コルカタのチャイナタウンの現状を記述・分析することを目的とした。インドの華人は,イギリス植民地時代の首都であったコルカタに集中してきた。広東省籍が最も多く,特に客家人が最大多数を占め,彼らの経済活動は皮革業と靴製造業に特化してきた。1962 年に発生した中印国境紛争に伴う両国の関係悪化により,海外へ「再移民」する華人が増加し,華人社会は衰退し,今日に至っている。インドにおいてチャイナタウンが唯一存在するコルカタには2つのチャイナタウンがある。ティレッタ・バザール地区は衰退しているが,中印国境紛争までは繁栄し,その名残として,会館,廟,華文学校などの華人の伝統的な施設が集中している。一方,タングラ地区は,近年の皮革業の衰退により,皮革工場から中国料理店への転換が著しく,今日では中国料理店集中地区となっている。

Journal

  • Geospace space

    Geospace space 2(1), 32-50, 2009

    Japan Association on Geographical Space

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006699457
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12471203
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-9872
  • NDL Article ID
    10793118
  • NDL Source Classification
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL Call No.
    Z71-Y351
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top