非平衡量子ドット系における位相揺らぎの解析的評価:クーロン閉塞と近藤効果  [in Japanese] An analytical evaluation of phase fluctuations in the nonequilibrium quantum dot system: Coulomb blockade and Kondo effect  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>電子間相互作用を持つ非平衡量子ドット系は、ゲージ変換を用いることで量子回転子と結合する共鳴準位模型に書き換えることができる。この時、回転子の位相の動的揺らぎは大きくガウス近似は適さない。本研究では、位相演算子を注意深く扱うことで高次揺らぎと位相の幾何的効果を取り込む。この方法を単一準位量子ドット系に適用するとクーロン閉塞・近藤効果が再現されることを示した上で、二重量子ドット系へ拡張した結果を報告する。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 72.1(0), 1286-1286, 2017

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top