金属-誘電体-金属多層膜構造に現れるプラズモン誘導透明化現象の波長依存性  [in Japanese] Attenuated total reflection response to wavelength tuning of plasmon-induced transparency in a metal-insulator-metal structure  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>我々は全反射測定法(ATR)スペクトルに基づく金属―誘電体―金属(MIM)構造でプラズモン誘導透明化現象(PIT)を実現した。ここで、MIM導波路と表面プラズモンポラリトンの共鳴モードがそれぞれ低Q値と高Q値の共鳴の役割を果たす。入射波長を変化させることで二つのモードの結合制御が可能になる。二つの共鳴角が一致した時、ATRスペクトルはPITを示す。共鳴角が離調するときにはFano干渉に特徴づけられる鋭い反対称スペクトルを示す。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 72.1(0), 1601-1601, 2017

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top