電子顕微鏡で見るRbMnFeシアノ錯体の電荷移動スピン転移と局所構造  [in Japanese] TEM study of the local structure at a charge transfer induced spin transition in RbMnFe(CN)6  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>RbMnFe(CN)_6_はMnFe間の電荷移動を利用した光誘起相転移を起こす集積型金属錯体である。RbMnFe(CN)_6_はその電荷移動スピン相転移に伴い晶系が変化することが知られている。我々は低温におけるTEM測定によりRbMnFe(CN)_6_の電荷移動スピン転移中の構造変化を電子回折像より捉えた。さらにRbMnFe(CN)_6_の局所構造解析より、相転移に伴うドメインの変化を観測した。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 72.1(0), 1823-1823, 2017

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top