離散的対称性とLieb-Schultz-Mattisの定理  [in Japanese] Discrete symmetries and Lieb-Schultz-Mattis theorem  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>LSM 的な方法で構成される基底状態の候補としてはdimer的なものやN\'eel的なものがあり、これらは離散的対称性(スピン反転対称性や空間反転対称性、時間反転対称性)によって特徴づけられる。その過程にはnormalizationの議論が必要だったことを示した。加えて、限定的な離散的対称性でもこの議論が可能であることやその応用としてmagnetic plateau の場合についても述べる予定である。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 72.1(0), 2930-2930, 2017

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top