動的回帰ループをもったリング共振器における微小面積コヒーレント0π光パルスの発展 Development of weak coherent 0π optical pulses in a ring resonator with a dynamic recurrent loop

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>McCallらによって定式化された面積定理では、パルス面積が2πの整数倍の値をとるときに光パルスは減衰を全く受けずに吸収原子ガスの中を透過する。我々の研究する「0πパルス」はその微小面積の極限に対応するものである。実験では、まったく同一の共鳴周波数をもった超狭帯域の光共振器と高速光スイッチを組み合わせ、光パルスを1つのリング共振器に再帰的に入射させることによって、直列共振器と等価な光回路を実現させ「0πパルス」を観測した。</p>

収録刊行物

  • 日本物理学会講演概要集

    日本物理学会講演概要集 72.1(0), 687-687, 2017

    一般社団法人 日本物理学会

各種コード

ページトップへ