太陽光発電施設の問題を環境倫理学から読み解く  [in Japanese] The Problem of PV Facility-Siting and Environmental Ethics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では、環境倫理学のさまざまな議論を用いて、太陽光発電施設の問題を読み解くことを試みた。特に、太陽光発電施設の批判側の議論の中にある、〈環境にやさしい技術が環境を壊している〉という矛盾に対する憤りや、地域エゴ・NIMBYと言われかねない言説を取りあげ、紛争解決を考えた場合にそれらの意見をどう捉えたらよいかを考察した。そのうえで、太陽光発電施設を設置する際に考慮すべき点として、(1)太陽光発電施設が人間の利便性のための施設である点を自覚して、設置方法や設置場所、利益配分などを考慮すべきこと、(2)合意形成のためには、地域の声を圧殺してはならないことを提言した。

Journal

  • Journal for Interdisciplinary Research on Community Life

    Journal for Interdisciplinary Research on Community Life 07(0), 77-83, 2016

    The Association of Inter-disciplinary Researchers on Community Life

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006731104
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12558571
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2186-9022
  • NDL Article ID
    028404509
  • NDL Call No.
    Z72-E52
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top