宇宙用高精度大型構造物の研究開発:スマート形状可変鏡  [in Japanese] Research and Development of High Accuracy Large Space Structures, Smart Reconfigurable Reflector  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>人工衛星を用いたミッションの高度化に伴い,衛星搭載用のアンテナや望遠鏡といった衛星搭載機器も,より高精度であることが求められている.そのような高精度な機器の実現に向け,軌道上での変形を計測し,アクチュエータにより補正することで高い精度を得る形状可変構造システムが,多くの機関で研究・開発されている.著者らも積層型圧電素子と変位拡大機構を組み合わせたアクチュエータを用いてアンテナ反射鏡面の形状調整を行う形状可変鏡(スマート形状可変鏡)の研究・開発に取り組んでおり,製作したアクチュエータの性能評価や,実際のアンテナシステムに組み込んだ状態での形状可変鏡の有効性確認試験を実施している.本稿では,そのようなスマート形状可変鏡に関して,研究内容を紹介する.</p>

Journal

  • Aeronautical and Space Sciences Japan

    Aeronautical and Space Sciences Japan 66(5), 135-140, 2018

    THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006732116
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00189072
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-4663
  • NDL Article ID
    029044516
  • NDL Call No.
    Z16-436
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top