政治参加の公平性をめぐる期待と実践:ナイジェリアの民主化とイボ社会における伝統的権威者選び  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本発表では、1999年に民政移管を果たしたナイジェリアにおいて、公平な政治参加を保証する制度として慣行化した輪番制と、ローカルな政治実践との関わりを報告する。特に、三大民族の一つ、イボ人を事例とし、一コミュニティで起きた伝統的権威者の後継者選びを題材として取り上げる。威信を求めた競合と公平性への期待のなかで、人々が輪番制を如何に解釈し、自らの実践と結びつけていくかについて論じる。

Journal

  • Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology 2018(0), 42, 2018

    THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY

Codes

Page Top