英国における自動車利用抑制のためのソフト施策の現状  [in Japanese] Current situation of soft measures for car use reduction in United Kingdom and suggestion toward Japanese urban and transportation policies  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

モビリティ・マネジメント (MM)は、人々が車利用から公共交通機関や自転車、徒歩などの持続可能な交通へと自発的に行動変容聡することを促すためのコミュニケーションを主体としたソフト施策の総称である。我が国においても、実験的な MMが各地で実施され、その手法と効果が報告されている。しかしながら、我が国の取り組みは、未だ実験的なものに留まっており、広範に実施された事例は無い状況にある。本研究は、国策として MMの本格導入を検討している英国の現状を、文献調査とヒアリング調査により明らかにするとともに、我が国に MMを本格導入する際の課題を抽出するものである。その結果、英国では、国と地方自治体、民間コンサルタント、 NPOのいずれの主体も MMのコンセプトを深く理解して実務に携わっている現状が明らかになった。我が国においても、英国の取り組みの長所を参考にした広範な取り組みが期待される。

Mobility Management(MM) is soft transportation measures for the purpose of inducing people's voluntary travel behavior change from car use into sustainable travel mode such as public transportation, bicycle, and walking. In Japan, there are several case studies of MM, and significant effects for car use reduction were reported. However, MM in Japan is currently only experimental, and is not implemented widely. In this study, we report current situation of MM in United Kingdom by document survey and interview. Based on the survey and the interview, we made suggestion toward Japanese urban and transportation policies.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 40.3(0), 361-366, 2005

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top