エネルギー資源の国際海上輸送におけるリスク評価 A Risk Evaluation of International Maritime Transportation for Energy Resources

この論文にアクセスする

著者

    • 稲田 啓佑 INADA Keisuke
    • 中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻 Information and System Engineering Course, Graduate School of Science and Engineering, Chuo University
    • 鳥海 重喜 TORIUMI Shigeki
    • 中央大学理工学部情報工学科 Department of Information and System Engineering, Faculty of Science and Engineering, Chuo University
    • 高嶋 隆太 TAKASHIMA Ryuta
    • 東京理科大学理工学部経営工学科 Department of Industrial Administration, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science

抄録

<p>日本はエネルギー資源を海上輸送によって輸入している。従って,国際的な地政学構造が大きく変化している状況では,海外からのエネルギー資源の調達と資源輸送のリスクマネジメントが重要である。本研究では,カントリーリスクと,チョークポイントリスクと海難事故リスクを含む輸送リスクを考慮する。この分析では,リスク評価のために2つの数理計画モデルを構築する。前者のモデルの目的は,ポートフォリオ理論を用いたカントリーリスクの最小化である。後者のモデルの目的は,二項分布を用いた輸送リスクの最小化である。それらの入力データには,船舶動静データと海上航路ネットワークから得られた輸送実績を利用する。そして,数理計画ソルバーを利用して解を得ることで,新たな輸送コストを負担することなく,カントリーリスクと輸送リスクを低減させる輸入先と輸送方法が存在する可能性があることを示す。</p>

<p>In Japan, energy and natural resources are imported by the maritime transport. It is, therefore, necessary to consider both procurement of overseas energy resources and risk management of resource transportation under the situation where international geopolitical structure faces a big change. In this paper, we consider both country risk and transportation risk including chokepoint risk and marine peril. In this analysis, we evaluate risks using two mathematical models. The objective of the former model is minimization of a country risk using portfolio theory. The objective of the latter model is minimization of a transportation risk using binomial distribution. We use import experience calculated by ship movement database and sea lane network as input data. Using mathematical programming solver, we show that there are export countries and transportation which make both country risk and transportation risk decrease without additional transport cost.</p>

収録刊行物

  • 日本エネルギー学会誌

    日本エネルギー学会誌 96(5), 128-138, 2017

    一般社団法人 日本エネルギー学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006792101
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-8753
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ