表面免疫グロブリンκ,λ鎖のそれぞれにクロナリティを認めた白血化B-cell Lymphoma の1 例  [in Japanese] Intravascular lymphoma with the two B-cell populations expressing the different types of immunoglobulin light chains  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 二見 恭子 Futami Kyoko
    • 東海大学医学部付属病院 診療技術部 臨床検査技術科 Clinical Laboratory, Medical Care technology, Tokai University Hospital
    • 廣田 日出子 Hirota Hideko
    • 東海大学医学部付属病院 診療技術部 臨床検査技術科 Clinical Laboratory, Medical Care technology, Tokai University Hospital
    • 田中 由美子 Tanaka Yumiko
    • 東海大学医学部付属病院 診療技術部 臨床検査技術科 Clinical Laboratory, Medical Care technology, Tokai University Hospital
    • 浅井 さとみ Asai Satomi
    • 東海大学医学部 基盤診療学系 臨床検査学 Department of laboratory medicine, Tokai Univerity School of Medicine
    • 宮地 勇人 Miyachi Hayato
    • 東海大学医学部 基盤診療学系 臨床検査学 Department of laboratory medicine, Tokai Univerity School of Medicine

Abstract

<p>B 細胞性リンパ腫の多くは、細胞表面免疫グロブリン軽鎖(κ、λ)の発現解析でクロナリティを示す。今回、我々はフローサイトメトリー検査(Flowcytometry:FCM)の2 カラー解析にてκ, λ鎖のそれぞれにクロナリティを示す2 細胞集団を認めた血管内大細胞型B 細胞性リンパ腫(Intravasucular lymphoma:IVL)の1 例を経験したので報告する。</p>

Journal

  • Cytometry Research

    Cytometry Research 24(1), 25-27, 2014

    Japan Cytometry Society

Codes

Page Top