津波被災農地の再生と集落営農の構築:-岩手県陸前高田市小友・広田地区を事例に-  [in Japanese] Reproduction of Tsunami Struck Farmland and Formation of Community Farming Organization in Iwate Prefecture:The Case of Otomo and Hirota District, Rikuzentakata City, Iwate Pref.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小友地区,広田地区共に,津波被災農地の再生においては,単なる原型復旧ではなく,将来を見据えた圃場整備を選択している。このような意思決定が結果として滞りなく実現したのは,水利組合や営農組合といった,農業農村整備事業に関する合意形成を経験し,地域農家が網羅的に関係している組織が存在していたからであると考えられる。両地区共に,農地再生を中心とした地域の農業の再建に関する検討は,水利組合(小友)・営農組合(広田)の役員が中心となり,それぞれの組織が持つ意思決定の仕組みを利用して合意形成が図られている。このような既存の組織の意思決定機能が,津波被災からの復興に際しての合意形成の受け皿として有効であり,速やかな圃場整備事業の実施にも繋がっている。農地再生後の営農について,両地区共に集落営農組織の活用を考えている。しかし,地域全体で農地の保全・活用を図る考えは同じであるが,具体的な組織のあり方や地域農家の組織との関係は地区で異なる。津波被災農地の再生においては,整備に至る過程には大きな相違はない。一方,再生された農地をどのように利用・管理するかにおいては,集落営農組織を選択していることは共通するが,担い手の有無や地域の生業構造等の影響を受け,それに対応した多様な形態で存在している。最後に,両地区の農地再生は速やかに実現しているが,現状では農地を管理・利用する枠組み構築にとどまっている。特に,小友地区では6次産業化など農業以外の部門との連携に苦慮しており,再生された農地の利用・管理は容易でない。そのため,農地再生を検討する段階から農業部門に閉じることのない将来検討の場を構築することが,持続的な利用・管理のためにも必要である。

This study's purpose is to clear the process of reproduction of Tsunami struck farmland and factors to form farming organization by interview survey and participant observation in Otomo district and Hirota district in Rikuzentakata city. Farmers in both districts had organized to keep the farmland before the Tsunami disaster, because it was difficult to ensure full-time farmers. These organizations have done the reproduce farmland in each district after the Tsunami disaster. The reproductions of farmland have been carried out community farming organization in the both districts. But the form of community farming organizations was different because of the farm situation and habits in the district. Otomo district is one unit area. Hirota district is divided small. And the existence organization is effective as the capacity of the consensus building.

Journal

  • JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION

    JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION 35(Special_Issue), 180-185, 2016

    THE ASSOCIATION OF RURAL PLANNING

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006855680
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386889
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0912-9731
  • NDL Article ID
    027746806
  • NDL Call No.
    Z18-1918
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top