高分子ゲル  [in Japanese] Polymer Gels  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 田中 穰 TANAKA Yutaka
    • 北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻 Division of Biological Sciences, Graduate School of Science, Hokkaido University
    • 長田 義仁 OSADA Yoshihito
    • 北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻 Division of Biological Sciences, Graduate School of Science, Hokkaido University

Abstract

高分子ゲル全体を概説するために, その構造, 形成過程, 性質, 応用について記述した。ゲルの構造については対象とする尺度を巨視的なものから微視的なものまで分けた考え方が適切である。形成過程ではパーコレーション・モデルとの対応から導かれるゾル-ゲル転移の理論を紹介した。転移点近傍における物理的諸量は転移点からのずれを示す換算変数のべき乗で表され, 転移点近傍は臨界現象の一つとして取り扱われる。そして高分子ゲルが示す性質として網目の膨潤, 弾性, 保水性について記した。最後に, 応用について比較的近年活発に研究・開発されているものの例をみた。高分子ゲルの活用範囲は生医学分野から土木・建築などに至るまで非常に多岐にわたり, ゲルは素材として高い可能性を持っている。

An overview is given on polymer gel with respect to its structure, gelation process, properties, and applications. In a structural analysis it is necessary to have a different scale depending on the gel structure observed. A gelation theory is noted by introducing percolation theory. Properties of the gel are discussed, focussing them on swelling and elasticity of the network as well as holding water molecules. The potential application of gels has briefly been described.

Journal

  • Japan Thermosetting Plastic Industry Association

    Japan Thermosetting Plastic Industry Association 15(4), 195-208, 1994

    Japan Thermosetting Plastics Industry Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006885807
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top