アトピー性皮膚炎患者の日常生活における療養支援 Support a Life of Atopic Dermatitis Patient

著者

抄録

病状の悪化により入院を要した場合,病棟では患者の生活を24時間丸ごと受け止めることになる。住居環境や起床就寝時間といった生活リズム・ストレスなどの心身への負担が大きく影響するアトピー性皮膚炎の場合,患者にとって入院とは病気の治療だけでなく,今後の病気を管理していくための方法を習得・再評価するチャンスである。今回は看護師が行うアトピー性皮膚炎患者への治療支援を中心に,なじみがある病気ではあるが,実は専門的な看護となると,どうしていいか分からないといったアトピー性皮膚炎患者の日常生活の支援のあり方について述べる。

When a patient gets admitted to hospital by becoming worse in their symptoms, we, nursery stuffs, have to receive whole life of the patient. In the case of atopic dermatitis, in which rhythms of patient life are seriously damaged, and mind and body are becoming stressful, keys for hospitalization is not only treating disease, but also to take a chance to manage his disease by re-evaluating and directing. Here, I will give an opinion how to support a life of atopic dermatitis patient, which is a well known disease, but their nursing is not well-established.

収録刊行物

  • 皮膚の科学

    皮膚の科学 8(Suppl.12), B649-B652, 2009

    日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006893993
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ