顔記憶における社会的情報を媒介する神経基盤とその加齢変化  [in Japanese] Effects of aging on memory-related activations modulated by face-based social signals  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 月浦 崇 Tsukiura Takashi
    • 京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知行動科学講座 認知科学分野 Department of Cognitive and Behavioral Sciences, Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University

Abstract

<p>【要旨】ヒトにおいて、記憶のような一般的な認知機能とその神経基盤は、加齢によって変化することが多くの研究から示されている。しかし、社会的認知に関連する神経基盤とその加齢変化については、未だに多くの謎が残されている。健常若年成人を対象とした機能的磁気共鳴画像(fMRI)研究では、ヒトの記憶はさまざまな社会的文脈から影響を受けており、その神経基盤として社会的情報の処理に関連する脳領域と記憶に重要な側頭葉内側面領域との相互作用の重要性が指摘されている。また、そのような社会的情報の処理と記憶との相互作用に対する加齢変化を検証するfMRI研究では、高齢者の記憶も社会的文脈から影響を受けていることが示されているが、その神経基盤は若年者と異なっており、高齢者における社会的認知に関連して、神経系の代償機能の存在が示唆されている。したがって、社会的認知における加齢の効果を媒介する脳内機構を解明するためには、高齢者における記憶のような一般的な認知機能の低下との相互作用の中で、高齢者の社会的認知を支える脳内機構を捉えることが重要になるであろう。</p>

<p>Human cognitive functions such as memory declined dueto the effects of aging. However, little is known about the neural mechanisms underlying age-related changes in social cognition. Recent functional magnetic resonance imaging (fMRI) studies have demonstrated that interacting mechanisms between brain regions related to social cognition and memory-related regions contribute to memory processes in social contexts. In addition, there is fMRI evidence that the effects of social context on memory processes are found in both young and older adults, but the effects involve different neural systems. These findings could reflect compensatory mechanisms supporting social cognition in the elderly. Investigations of age-dependent changes of memory in a social context could help us to understand the neural mechanisms underlying social cognition in older adults.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Cognitive Neuroscience

    Japanese Journal of Cognitive Neuroscience 18(3+4), 135-139, 2016

    Japanese Society of Cognitive Neuroscience

Codes

Page Top