アイリーン・グレイが学んだ菅原精造の日本漆芸の背景  [in Japanese] The Background of Seizo Sugawara's Japanese Lacquer Art Learned by Eileen Gray  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

漆芸家、菅原精造はアイリーン・グレイに日本漆芸を教え、共同し、彼女の作品に影響を与えた。本稿の目的は、日本とフランスの菅原の遺族に取材し、関連文献・史料を調査してグレイが学んだ菅原の漆芸習得の背景を明らかにすることである。結果、次の事実が明らかになった。1)菅原の漆芸技術の習得は、圓山卯吉が創設し運営した山形県酒田市の教育機関兼事業所「カワセ屋」での修行に始まる。 2)「カワセ屋」が木工・家具製作に重点をおいていたことから、菅原は木工・家具製作の技術も習得していた。 3)菅原に漆芸を教えた師匠の一人は漆器職人、森川奇秀である。 4)菅原は、1901(明治34)年9月に東京美術学校漆工科に入学し、1905(明治38)年11月に渡仏した。同校に4年以上在学したが、卒業はしていない。 5)東京美術学校漆工科における主な教員は、彫刻家・高村光雲、漆芸家・川之辺一朝、漆芸家・辻村松華である。6)東京美術学校で菅原が学んだ内容に高村から学んだ彫刻の要素が含まれている。7)菅原は自身を漆芸家としてだけでなく彫刻家と自任していた。以上から、グレイは漆塗りの技術だけでなく、家具の製作や彫刻など立体造形の技術も菅原から学んだと考えられる。

Eileen Gray produced lacquered furniture and interiors by learning from Japanese lacquer artist, Seizo Sugawara. This study attempts to clarify his real educational background by means of visiting his family and referring to documents. He began to study in field at Kawaseya located in Sakata-City Yamagata Prefecture. Kawaseya was both a shop and a factory of furniture, administer by Ukichi Maruyama. Sugawara learned the technique of woodwork and furniture making. One of his Master were Kishu Morikawa. September, 1901, Sugawara was admitted to Tokyo School of Fine Arts, and continued his study of lacquer art over 4 years, but he didn't graduate. His main teachers were Koun Takamura, Iccho Kawanobe, and Shoka Tujimura. Sugawara had thought of himself also a sculptor in life. Gray learned not only Japanese lacquer technique but also the techniques of three-dimensional works from Sugawara.

Journal

  • Bulletin of Japanese Society for the Science of Design

    Bulletin of Japanese Society for the Science of Design 63(6), 6_57-6_64, 2017

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006907440
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0910-8173
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top