ベトナム北部産のトカゲ<i>Eumeces tamdaoensis</i>について Notes on a Poorly Known Blue-Tailed Skink, <i>Eumeces tamdaoensis</i>, from Northern Vietnam

著者

抄録

ベトナム北部のタムダオから,1937年にBourretによって報告されたトカゲ属の1種,<i>Eumeces tamdaoensis</i>は,原記載後なんの報告も採集例もなく,しかも原記載の論文の入手が非常に困難なため,謎につつまれたトカゲとなっていた。このほど,原記載を入手し,さらにベトナム北部から新たに一個体の標本を得たので,本種について再記載を行った。また,従来<i>fasciatus</i>群の一員とされていたこのトカゲが,実際は<i>obsoletus</i>群と近縁であることがわかった。

A poorly known skink, <i>Eumeces tamdaoensis</i> is redescribed on the basis of a newly collected specimen from the northern part of Vietnam. The species has been allied to the <i>fasciatus</i> group of the genus <i>Eumeces</i>, but has closer relationship to the East Asian members of the <i>obsoletus</i> group, i. e., <i>E. chinensis</i> and <i>E. kishinouyei</i>.

収録刊行物

  • 爬虫両棲類学雑誌

    爬虫両棲類学雑誌 12(1), 10-15, 1987

    日本爬虫両棲類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006916196
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ