イングランドにおける土地利用計画への戦略的環境アセスメントの適用に関する研究  [in Japanese] Study on Application of Strategic Environmental Assessment to Land Use Plan in England  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、イングランドのローカルレベルの土地利用計画(LDF)を対象として、戦略的環境アセスメント(SEA)が、計画の意志決定にどのように統合されているのか、すなわち、計画にどのような影響を与えているのかについて分析を行った。研究は、ヒリングドン自治体におけるLDFを事例対象とし、その中でもとくに「空港関連開発」に関する計画策定を対象とした。研究の結果、以下のことが明らかになった。(1)ヒリングドンでは、複数案を設定し、それを選択する際に、各案の持続可能性に関する問題点を軽減する方法(ミティゲーション)が特定できない場合は、その案を選択しなかった。このことより、SEAは計画が著しく持続可能性を欠くものにならないようにするセーフティネットの役割を担っていた。(2)開発の必要性を決定する段階では他の計画決定因子が影響を及ぼしていたが、開発の場所を決定する際にSEAが影響を及ぼしていた。開発の場所の決定はしばしば同意形成が困難になるが、SEAにより各案の持続可能性、ミティゲーション方法を明らかにすることにより、合意形成の一助になると考えられる。

In many European and North American countries, strategic environmental assessment (SEA) on land use plan is already implemented. This paper focuses on SEA on land use plan in England and tries to find the effects and significance of SEA through the case study of LDF of London Borough of Hillingdon. From the case study, it was found that not only SEA but also other factors affected the decision making of the plan and SEA especially affected on deciding the location and size of development. Thorough decision making about location of development is sometimes controversial, SEA is supposed to help decision making by showing sustainability of each options and ways of mitigation.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 41(0), 42-42, 2006

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top