エコロジカルフットプリント指標を用いたローカルスケールでの持続可能型土地利用政策の検討 Study on sustainability of local scale land-use based on the Ecological Footprint index

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年、人間による生活活動の環境負荷に及ぼす影響を定量的に検討することが、都市政策をめぐる重要な局面で要請されるようになってきている。特に持続可能性という観点から、様々な土地利用政策の貢献可能性を提示することは、今後必要とされるにも関わらず、実証レベルでの検討が十分に進んでいない分野といえる。そこで本研究では、従来マクロな観点で導入されていたエコロジカルフットプリントの概念を、市町村レベルの環境負荷指標として用いることのできる分析ツールを提案し、地域毎の政策の方向性を議論するための指標として実際に定量化を試みる。その結果、無秩序な開発や土地利用政策が将来の環境負荷量に及ぼす影響を統計的に明示することができた。

Index to examine local scale sustainability is highly required to develop now. Especially, it is important to evaluate the effects of a variety of land-use policies on sustainability for coming declining society. This study aims to improve and utilize one of the most popular indexes, "The Ecological Footprint", in Japanese local autonomy. Prospect of sustainable land-use plans are also examined by this index. The results show that values of Ecological Footprint in local zones are relatively larger than that of environmental capacity. It is also clarified the importance of land–use control concerning activity retreat from suburbs.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 40(0), 10-10, 2005

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top