ディオプサイドと擬似体液を用いた初期う蝕の修復に関する研究  [in Japanese] Study on Restration of Initial Carious Lesion Employed Diopside Ceramics  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

生体親和性,機械的強度に優れ,生体内で骨と早期に結合することがわかっているディオプサイド(CaO・MgO・2SiO<SUB>2</SUB>)を初期う蝕治療の修復材に用いることができるかを検討した.擬似体液中でディオプサイドをHAp焼結体に塗布すると短時間で多くのHApを析出し,修復材として用いることができると示唆された.また,ディオプサイドと同じ珪酸塩化物の一種であるオケルマナイト(2CaO・MgO・2SiO<SUB>2</SUB>)とウォラストナイト(CaO・SiO<SUB>2</SUB>)はディオプサイドより多くのHApを析出した.

Journal

  • Abstracts of the General Sessions of the Japanese Society for Dental Materials and Devices

    Abstracts of the General Sessions of the Japanese Society for Dental Materials and Devices 2009f(0), 89-89, 2009

    The Japanese Society for Dental Materials and Devices

Codes

Page Top