高アルカリ環境下におけるスメクタイトの溶解速度への圧縮の影響  [in Japanese] EFFECT OF COMPACTION ON DISSOLUTION RATE OF SMECTITE UNDER HYPERALKALINE CONDITION  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

放射性廃棄物の地層処分施設は、セメント系材料と地下水が反応し長期に亘り高アルカリの溶液を生成することが懸念される。これよりバリア材として使用が検討されているスメクタイトの溶解速度を求める研究が重要となっている。最近、圧縮を受けたバルク状のスメクタイトの溶解速度は粒状の溶解速度と異なるという結果が示唆された。そこで本研究では高固/液比環境下において、高液/固比条件で求められた溶解速度との差が何に起因しているのかを定量的に明らかにする。

Journal

  • Abstracts of annual meeting of The Clay Science Society of Japan

    Abstracts of annual meeting of The Clay Science Society of Japan 51(0), 78-78, 2007

    The Clay Science Society of Japan

Codes

Page Top