強化磁器食器の曲げ強度試験に関する一考察  [in Japanese] Approach to Bending Strength of Strengthened Porcelain Tableware  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

強化磁器食器の曲げ強度は、製品からの切り出し試験片、または鋳込み成形によって作製した試験片を用いて測定される。しかし、前者においては、同一食器からの切り出し試験片であっても、底部の内側部分を引っ張り面にして得た曲げ強度と外側(高台側)を測定面にして得た曲げ強度が大きく異なる場合がある。このことは、切り出し試験片による曲げ強度を評価するうえで問題となる。そこで、試験片の測定面を変えた時に生じる曲げ強度の違いが何の要因で起こるのかを調べた。

Journal

  • Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan

    Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan 2007S(0), 343-343, 2007

    The Ceramic Society of Japan

Codes

Page Top