気相成長炭素繊維によるマイクロセルラーセラミックスの複合機能化 Composite and functionalization of microcellular ceramics by using vapor grown carbon fiber

Access this Article

Author(s)

Abstract

前駆体高分子セラミックの軽量同時高強度化には、焼成体のマイクロセルラー化が有効であった。本研究では、機能性のハイブリッド化のため、多層カーボンナノチューブの一種である気相成長炭素繊維(VGCF)を均質分散させた。焼成は、ポリメチルシリコン樹脂にポリメチルメタクリレート(PMMA)のマイクロビーズとVGCFを溶融混合によって均質分散させ、シリコン樹脂の架橋直後のPMMAの除去後に約1000℃で行った。焼成体はマイクロセルラーを持ち、なお、VGCFが均質分散した酸炭化ケイ素セラミックスであった。焼成体の曲げ強度は50wt%のPMMA添加で最大となり、電気抵抗は5vol%以上のVGCF添加で数オームcmの値を持った。

Journal

  • Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan

    Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan 2005F(0), 189-189, 2005

    The Ceramic Society of Japan

Codes

Page Top