構造方程式モデリングによる災害発生後の歴史的景観復興に対する支払意思額の意識構造分析 Investigation into the Willingness to Pay for the Historic Landscape Restoration from Disasters by Structural Equation Modeling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,京都を事例に災害発生から歴史的景観を復興する支払意思額の意識構造分析を行った。構造方程式モデリングによる分析の結果,1)歴史的景観の持つ文化や歴史,快適な環境を提供する機能を高く評価する者ほど景観喪失に対する自然災害リスクや景観価値を高く認識し,高いWTPが表明されること,2)京都固有の歴史や文化に基づく京都への帰属意識が京都市外居住者よりも市内居住者で高く,市内居住者で高いWTPが表明されること,3)所得がWTPに与える効果について,家計の支払能力を背景とした直接効果と,文化・歴史に対する知識量の多さに基づく歴史的景観の持つ外部経済に対する期待から高いWTPが表明される間接効果が存在することが示された。

This study examined the causal structure forming willingness to pay (WTP) for historic landscape restoration from possible natural and man-made disasters in Kyoto. The result of structural equation modeling can be summarized as follows: (1) the respondents who recognize functions the historical landscape conserve the comfortable environment and the regional culture and history tend to have higher values to the landscape and are also aware of higher risks of natural disasters that could destroy the historical landscape. Such respondents having these evaluations stated higher WTP. (2) Kyoto residents tend to state higher WTP through direct and indirect pathways. The result suggests there is a strong regional effect on WTP reflecting Kyoto residents' affection on their daily environments and cultural-historical backgrounds. (3) The positive income effect on WTP consists of the direct effect based on paying capacity and the indirect effect on the basis of rich knowledge of culture and history.

収録刊行物

  • 環境情報科学論文集

    環境情報科学論文集 ceis22(0), 73-78, 2008

    一般社団法人 環境情報科学センター

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006980636
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10544669
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    03896633
  • NDL 記事登録ID
    9756565
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z74-E100
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ