音声とマスキング用雑音の到来方向がスピーチプライバシー評価に及ぼす影響 The Effect of Direction of Speech and Masking Sound on Speech Privacy Evaluation

この論文にアクセスする

著者

抄録

スピーチプライバシーを保護するための方法として,遮音システムを設置する方法とマスキング用雑音により音声をマスクする方法の2つが考えられる。本研究では,マスキング用雑音を用いる方法に着目し,音声とマスキング用雑音の到来方向の違いがスピーチプライバシー評価に及ぼす影響について考察している.

収録刊行物

  • システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集

    システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集 SCI10(0), 146-146, 2010

    一般社団法人 システム制御情報学会

各種コード

ページトップへ