球冠調和関数を用いた日本上空の電離層TEC推定  [in Japanese] Ionosphere TEC Estimation of the Sky over Japan Based on Spherical Cap Harmonics  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

GNSS 測位において電離層遅延は支配的な誤差要因であり、補正を行う必要がある。そこで本研究では、電離層におけるTEC (総電子数量) の推定アルゴリズムを GNSS線形回帰モデル(GR モデル)に基づき導出する。垂直方向の電離層 TEC の推定を行う際に、球面の一部に対して調和的となる、球冠調和関数(Spherical Cap Harmonics ,SCHs)を用いる。また、推定結果を単独測位に用いて、精度検証を行う。

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI10(0), 339-339, 2010

    The Institute of Systems, Control and Information Engineers

Codes

Page Top