トリプトファン過剰生産型遺伝子組換えバレイショの性状解析 Characterization of Tryptophan Over-producing Transgenic Potato

Access this Article

Author(s)

Abstract

【目的】 <I>OASA1D</I>遺伝子は、イネ由来のアントラニル酸合成酵素 (AS) 遺伝子を、トリプトファン (Trp) からのフィードバック阻害に非感受性に改変したものである。バレイショにこの遺伝子を導入するとTrp含量が上昇する。本研究では<I>OASA1D</I>の導入がバレイショの代謝生理に起こす変化を明らかにすることを目的に、AS活性、代謝プロファイリング、IAA含量について検討を加えた。<br>【方法と結果】 野生株および<I>OASA1D</I>導入バレイショの葉と塊茎から粗酵素液を調製し、AS活性を測定した。野生株に比べ、OASA1D導入バレイショのAS活性量は変化しなかったが、Trpからのフィードバック阻害に対して有意に非感受性に変化していた。また、葉および塊茎抽出物を逆相系HPLC(グラディエント溶出、検出:UV 280nm)で分析し、代謝物プロファイルを比較しても、<I>OASA1D</I>の導入によるTrp以外の成分の顕著な変動を見いだすことはできなかった。組織中遊離IAA含量の定量はLC/MS/MSを用いて行った。その結果、遊離IAA含量はバレイショ茎頂部で数倍程度増加していることが明らかになった。

The transgenic potato harvoring the mutated rice anthranilate synthase αsubunit gene (OASA1D) was characterized. The expression of OASA1D increased the level of Trp by 2-5 folds in all part of the tissue, by decreasing the AS sensitivity to the feedback inhibition from Trp. The analysis of other metabolite levels by the amino acid anaylsis and by the profiling analysis indicated that an impact of this metabolic alternation on the whole metabolic network was limited. Although the free IAA levels was increaed by 5-folds in the shoot, no effect on the phenotype was observed.

Journal

  • Plant and Cell Physiology Supplement

    Plant and Cell Physiology Supplement 2004(0), 615-615, 2004

    The Japanese Society of Plant Physiologists

Codes

Page Top